フランチャイズ契約書

雇用契約書 業務委託契約書 誓約書 就業規則 その他各種契約書作成につき、ご相談下さい。

美容院、美容室、整骨院、整体院、エステ、美容サロン、リラクゼーションなどにおいて業務委託をお考えの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

業務委託契約書 雇用契約書
お問い合わせフォームはこちらまでお願いしますLinkIcon

当事務所へ契約書の作成を依頼される方の多くが税理士の先生をはじめ、士業の方です。

業種別各種契約書(当事務所では、以下業界・業種に精通しています)

HOME > フランチャイズ契約書フランチャイズ契約書(美容室 サロンその他)Up Date 2022-06-23

税理士、行政書士の先生へLinkIcon

労働者派遣契約書

業務委託契約書 雇用契約書
090-8483-9508 (9時~22時 土日祝可) 042-452-6477

メールはこちらまでお願いします。
メールはこちらまでお願いしますLinkIconsr@shi-bu.sakura.ne.jp

ご利用のメールソフトによっては自動で送信されず、再度手動で送信しなければならない場合があります。
数日経過しても返信がない場合、メールソフトで送信済であるかお確かめ願います。
各種契約書の作成、ひな型についてのお問い合わせなど、お電話またはメールにてご遠慮なくどうぞ。土日祝可 22時まで

LinkIconお問い合わせフォームはこちらまでお願いします。

各種契約書ひな型など購入者の半数以上の方が税理士、社労士などの先生です。

フランチャイズ契約書

美容室 エステサロン 整骨院など

フランチャイズ契約書作成(美容院・エステサロン・整骨院など)につき、お問い合わせ下さい。

フランチャイズ契約書

 株式会社○○○(以下「甲」という)と、株式会社○○○(以下「乙」という)は、甲をフランチャイザー、乙をフランチャイジーとするフランチャイズ契約(以下「本契約」という)を、以下の通り締結する。

(目的)
第1条 甲は乙に対し、甲の定めた商標、店舗名称、その他営業の象徴となるもの(以下「本件商標等という」を使用し、甲の○○○○経営に関するノウハウを用いて営業を行う権利(以下「本件フランチャイズ権」という)を与える。なお、乙は甲に対し、本条目的遂行のため、一定の対価を支払う。

(契約期間)
第2条 本契約の期間は   年 月 日から   年 月 日までとする。
2 甲及び乙は、本契約の期間満了の3か月前から本契約の継続について協議を行い、合意に至った場合、本契約と同一条件をもってこれを延長することできる。以後も同様とする。

(店舗の名称及び所在地等)
第3条 乙が本契約に基づき経営する○○○○店舗(以下「本件店舗」という)の名称及び所在地は、下記の通りとする。
店舗名:
所在地:
2 乙は、前項の変更については、あらかじめ甲の承諾を得るものとする。

(店舗に係る費用負担)
第4条 本件店舗に係る各種設備、事務用品等に関する費用及び保全、修理等に要する費用は、乙の負担とする。

(商標等の使用)
第5条 乙は、本件商標等につき、本件店舗の営業のみに使用することができる。乙は、本件商標等の全部又は一部を変更して使用する場合、あらかじめ甲の承諾を得るものとする。
2 乙は、本件商標等と同一又は類似するものを、自己のものとして登記、登記等をしてはならない。

(ノウハウの使用及びコンサルティング)
第6条 甲は乙に対し、本件店舗の営業に関するノウハウを開示し、乙はこれを使用することができる。また、甲は乙に対し、当該ノウハウを用いた本件店舗の営業に関するコンサルティング(以下「本件コンサルティング」という)を行うものとし、本件コンサルティングの詳細については、別紙「コンサルティング詳細」の通りとする。
2 乙は、前項によるノウハウ及びコンサルティングに従い、自己の費用において、本件店舗の営業を行うものとする。

(テリトリー)
第7条 

(加盟金)
第8条 

(ロイヤリティ)
第9条 

(従業者等)
10条 

(機密情報の保持等)
11条 

(権利義務の譲渡等の禁止)
12条 

(報告義務)
13条 

(営業上の責任)
14条 

(解約の申入れ)
15条 

(契約解除)
16条 

(契約終了後の措置)
17条 

(協議解決)
18条 本契約に定めのない事項が生じた場合、又は本契約上の解釈に疑義が生じた場合は、甲と乙は、お互い誠意をもって協議し、その解決を図るものとする。

(管轄裁判所)
19条 本契約に関する紛争の専属的合意管轄裁判所は、××地方裁判所とする。

(その他)
20条 

以上、本契約成立の証として、本書を2通作成し、甲乙は署名押印のうえ、それぞれ1通を保管する。